2016年8月13日(土) てくてく羅臼岳 ヒグマとの遭遇



朝四時頃起床します、テントと車とバイクでごったがえしているキャンプ場ですがこの時間に動き始めている人も結構いました。
後写真には納められませんでしたが普通にテントサイト内を鹿が闊歩していました、本当に宮島のキャンプ場ばりの鹿キャンプ場と言って良いくらいでした。

キャンプ場を出発後羅臼岳の登山口を目指してカブでひとっ走りします、こちらも写真には納められなかったのですが歩道に普通にヒグマがいました、今のところ一番近い距離でのヒグマ目撃です。

と言うことで羅臼岳登山口である木下小屋に到着し羅臼岳クエストを開始します。

午前四時四十九分登頂開始



登り初めて早々なんか凄い岩がありました。







序盤は比較的傾斜も緩い道が多かったのでそう言うところで呼吸を整えつつガンガン進んでいきます、とは言え決して楽では無いですが・・・・・。



どの辺だったかは忘れましたが道中ヒグマと遭遇しました、大きさ的にまだ小熊だと思うのですが10メートル位先に見えたときにはビックリしました、人慣れしているのか好奇心なのか鈴を目一杯ならしたり声を出したりしても逃げる気配が無くて少し焦りましたがしばらくすると藪の中に消えていきました・・・・。
まあそもそもヒグマのテリトリーに入っていくような物なのでヒグマと遭遇しても全くおかしくは無いと思いますがやはり驚きは隠せませんでした。









午前六時二十六分 大沢到着

事前に調べた情報だと八月上旬までは雪渓が残っている時もあると言うことで斜里で軽アイゼンを購入して持ってきてはいたのですが来てみたら雪はほぼありませんでした。
途中に僅かに雪がある程度でしたが八月のこの時期に雪を見ると言うだけでもある意味凄い気もします。



ここからは傾斜もきつくなってしかも岩場なので結構大変でした、雪が残っていたらなおさらだったかもしれません。





午前六時四十八分 羅臼平到着

ここはテントを張れる場所がありました、ここでテント泊したら大分静かに過ごせそうな感じで思わずテントを持ってきたくなりました。





そのちょっと先に食料を入れるフードロッカーと言うのがありました、テントの中で調理したり食料を保存したりしてそこに食い物があるとヒグマが覚えると大変な事になるみたいです、ここでテント泊するのは大変だなと思いました。



ここまで来ると山頂も見えてきました、先が見えてくると俄然やる気も出てきます、ふと人生もこうやって先が見えれば良いなと思いましたがかえって先が見えない方が良いのかなとも思いなんか妙に感慨に耽ってしまいました。



ここは湧き水がありました、コップが置いてあったので飲めるのかもしれないですが一応止めておきました、あと600メートルとありますがこの600メートルが結構過酷でした・・・。







終盤は傾斜のある岩場をとにかく登っていきます、ロッククライミングと言っても差し支え無いくらいだと思います、終盤なのでぜいぜい言いながらガシガシと登っていきます、幸いこう言うよじ登る様な場所は得意なのでこれはこれで楽しかったです、むしろこう言う所がずっと続いた方が良いくらいに思えました。





午前七時三十四分 山頂到達

リボビタンな岩場(リボビタンDのCMに出てきそうな場所)を乗り越えて山頂に到着しました。



一息ついて腰を下ろして朝買ってきたおにぎりをパクついていたらエゾリスが現れました。



山頂からの景色です、北側を眺めると知床連山を望めました、一番左が硫黄山らしいです。



羅臼側は雲海ってたのであまり眺望は望めませんでしたが北方領土は見えました、最近思うのですがトマムで高いお金だしてゴンドラに乗って雲海見るよりこう言う場所で雲海見た方が良いような気がしてきました。



ウトロ市街も見えます。





東の方を見ると斜里市街と一昨日行った斜里岳が見えました、少しガスっていて網走の方までは見えませんでした。



知床五湖は木道も確認出来ました。



知床峠と羅臼湖も良く見えました。



来た道を振り替えると最後の岩場の傾斜っぷりが良く分かります、なんだかんだで一時間ほど山頂に滞在したあと下山します。



午前十時二十八分 下山完了

帰りは写真は撮らなかったのでなんか一瞬で帰った様に見えますが決してそうではありませんw



その後カブに乗り帰路につきます、セイコマでガリガリ君を買ってパクつきます山行の後のガリガリ君うましです。



ベースキャンプに帰還して荷物を整理したり昼寝したりして過ごした後キャンプ場すぐそばの温泉に浸かります。



温泉からあがって近くのセイコマで買い出しをしてベースキャンプに戻り食事と晩酌をして過ごした後就寝しました。

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

秋田ではクマに襲われる被害も多くでているので気をつけてください

No title

写真のえぞりすがなきうさぎに見えるのは、私だけでしょうか。

トミーさん、こんばんは

羅臼岳も制覇されるとは凄いです!

トミーさんならクマ遭遇率100%で道なき道を進む知床アタックもサクッとクリアしそうですねw

マスターすごい(((o(*゚▽゚*)o)))
がんばってね〜٩(ˊᗜˋ*)و

Re: No title

くままんさんコメントありがとうございます、本当に気を付けたいと思います。

Re: No title

北海道大好きさんコメントありがとうございます、多分リスだったと思いますがビックリしました。

Re:

ウッシーさんコメントありがとうございます、なんかサクッと登っているように見えると言われるのですが決してそうでは無くてかなりゼイゼイ言っています。
どうもそう言う描写が苦手のようですw

Re:

883さんコメントありがとうございます、もしかするとクリオネでご一緒だった方でしょうか?
ぼちぼち北海道満喫したいと思います。

あたりー٩(ˊᗜˋ*)و
本州暑すぎて、北海道が恋しいです(๑- ₃ -๑)

Re:

883さんコメントありがとうございます、やっぱりそうでしたか北海道後の本土は暑いでしょうね(汗)こちらはこちらで雨続きで困っていますが・・・・。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(57)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(37)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(230)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村