2016年8月4日(木) ポロシリ山荘から帰還



朝四時過ぎに起床して荷物をまとめたりした後五時前に二泊お世話になったポロシリ山荘を出発します、今日は初日に通った林道を歩いて戻ります、またあのアブの道を通るのかと思うと若干ブルーになります。



早朝の時間帯はアブも比較的少なくて景色を眺める余裕もあるくらいでした。



途中のダムを見物します、日が射してきてからアブの活動も活発になり、暑さも出てきてどんどんしんどくなっていきます。





どうも活動の疲れがたまっていたのか山荘まで後15キロの看板を見落としていたようでまだ5キロも歩いていないのかと考えつつ進んでいて、途中ですれ違った人に聞いたらちょっと前に後十キロの看板があったと言う話を聞いて心底ホッとしましたw
アブと格闘しつつ進んでいきます。





その後も休憩を入れつつ歩き続けてゲートに到着します、このゲート車両侵入を防止するためか人が潜る部分が結構狭くて歩き疲れた状態で潜るのが以外としんどかったです。







5時間程歩いてカブを停めてあるイドンナップ山荘に到着します、文章に書くとそんなもんですが結構大変でした。



とりあえず荷物の整理は後回しにしてちゃっちゃとパッキングをして40キロダートの帰路を走ります、歩き続きだったせいか行きよりも滑る頻度が多くて結構転倒しそうになりましたw



一時間ほどダートを走って道道に戻ってきました。







人間界に帰還してまずはコインランドリーへ向かいます、色々と衣服や装備がべちゃべちゃのぐちょぐちょになってしまったので一回綺麗にします。
ダートを結構な距離走ったのでカブもドロドロです・・・・・。
道中の過酷さを物語っている気がします。



衣服や装備を清めた後はレコードの湯で体も清めます、二日ぶりのお風呂は本当に気持ちが良くてまさしく生き返ると言う表現がピッタリでした。
ただ背中を見たらアブに刺されて赤くなっている所が多くて(とても見せられない位です)またしても道中の過酷さを実感しました、幌尻岳の新冠ルートの最大の難問は林道のアブといっても差し支え無いと思いますw
冗談抜きでアブ対策は最重要です。

ここのところ帯広で少し堕落した生活をしていましたが三日間の道中で節制されたのか体重も体つきも良い感じになりました、やはりトレッキングは良い運動になっているようです。



温泉の食堂でカツカレーを御馳走になります、人間界の食事に久しぶりにありついて非常に美味でした。



帰りにセイコマで夕食の買い出しをします。



その後出発前に前泊した判官舘森林公園のキャンプ場でテントを設営します。







設営を終えて山行に同行してくださったライダーさんと乾杯して晩酌と食事をします、何気にいつ以来だかわからない位久しぶりの二日間休肝日の後だったので缶チューハイが染み渡りまくりました。
フライパンでジンギスカンを焼いて〆に焼きうどんにして頂きます。
今回ひょんなことから同行させて頂いて非常に貴重な経験をすることができたと思います、とても一人で行こうと思えない行程だったのでなおさらです。

後で調べてみてわかったのですが幌尻岳は百名山のなかでは比較的難しいコースらしいです、小屋で会った方の中にはここで最後だとか99番目とか言う人もいらっしゃいました。
北海道と言う地理的な面や行程の長さと言う要素も多分にある感じで時間に余裕のある旅人にとってはある意味有利なのかもしれません。

二日ぶりに飲んだせいかアルコール度数が低い割りに早めに回ってきてwいい気分になった後テントの中で就寝しました。

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです、山行で溜まっていた分を一気に更新です、大分はしょっているのでなかなか伝わらない部分も多い気もしますが多少でも伝われば良いかなと言う感じです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

幌尻登山の記事全部読ませて貰いました。自分が幌尻に行ったのは10年くらい前なので懐かしいです。変わりませんね・・・って当たり前ですけど。本当に、お疲れさまでした。

No title

山行お疲れ様でした。こうして文章で読むと簡単そうに感じられますが、これはバイクを自分で整備出来る技能や日頃から身体を鍛えていることが不可欠であって、誰にでも簡単に出来ることではないですね。少なくとも私には無理です(笑)

トミーさんなら倶知安のスーパーで買った格安ウィスキーの4リットルボトルを担いで登ってくれると信じていたのですが、唯一それが残念です。

Re: No title

ビート★さんコメントありがとうございます、4リットルのウィスキーは普段のカブ旅の状態でも買うのをためらわれますね(爆)
何気に二日間の禁酒と言う偉業も達成しましたがどちらかと言うと飲まなければ飲まないでそこまで禁断症状が出るわけでも無いのでそこまで大変では無かったですが。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(55)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(28)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(227)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村