2016年7月21日(木) 礼文島へ移動



朝六時過ぎに起床します、なんだかんだで長いこと滞在していた北麓野営場ですが出発することにして撤収をします、なんか長いこと滞在していたキャンプ場を撤収する時は一抹の寂しさを感じます。
どちらかと言うとキャンプ場と言うよりは登山全線基地的な雰囲気が強い場所でしたがなんか居心地はよかった気がします。



のんびりと撤収作業をして八時過ぎに北麓野営場を出発します。



ここ数日足しげく通っていた麓のセイコマで朝食をとります、しばらく節制する感じになりそうなのでグルメ成分はあんまり無い予定です、先般の越冬生活の最後の辺りと春先のうどん巡りの影響かすこし肥気味の状態がずっと続いていたので一回自分的ベスト状態まで持っていくまでは少しストイックに行こうと思っています。





利尻島滞在の後どうしようか結構考えていて昨日利尻岳に登りつつもどうしようかとか思っていて下山までは稚内に戻る方向で考えていたのですが昨日北麓野営場で一緒だったライダーさんと利尻富士温泉でお話していたらせっかく利尻岳に行ったんだから礼文島の八時間コースもおすすめしたいと言う話になって、フェリー代も少しの上乗せで済むので結局礼文島に行くことにしました。

鴛泊港に向かい礼文島行きのフェリーに乗り込み礼文島に上陸します。





八時間コースのトレッキングは明日にすることにして今日は軽く島を回る事にします、頑張れば上陸した日にこなせないことも無いのかもしれないのですが基本的にあまり一日の予定を詰め込むのが好きでは無いので少しゆっくりめにしようと思います、個人的には多少余裕がある位の日程の方が精神的に余裕を持てる気がしますしあまり追われる様に観光するのも疲れてしまうので・・・・。

とりあえず北のカナリアパークと桃岩展望台に行ったりします。





島唯一のセイコマでお昼ごはんにします、最近あんまり載せていませんでしたがここのところもっぱら高タンパク低カロリー的なものばっかり食べています。
対岸の利尻岳を見ながら頂きます。



その後北上して島の北にあるスコトン岬を再訪します、明日はここから八時間コースに出発しようと思います。



島の至るところで昆布干しの風景が見られました、利尻とか日高辺りも昆布干しシーズン最盛期と言ったところでしょうか、昆布を満載したトラックとかも見られました。



その後今日のキャンプ地になる久種湖キャンプ場でテントを設営します、以前礼文島に来たときは島の中央付近にある緑が丘公園キャンプ場を利用しましたがカラスが凄かったのとせっかくなら違う場所でと思いここにしたのですがここもカラスがスゴいみたいです・・・・・・。
とにかく礼文島のキャンプ場ではカラスに注意と言うのは間違いないようです。

タープを張ろうかどうか迷いましたが結局張りました。





設営を終えてしばらくのんびりした後お風呂と買い出しに行きました、キャンプ場からは幾分距離があるのでツーリングがてらと言った感じです。



その後キャンプ地に帰還して他のライダーさんと話をしたりブログを書いたりして晩御飯にします、買い出してきたもやしとギョニソ炒めと豆腐を食べつつ焼酎のお湯割りで晩酌します、節制が終わったら少しは贅沢な物を食べようと思います、もうしばらくは高タンパク低カロリー的な物ばかりになりそうです。
食事と晩酌が一段落した後テントの中で就寝しました。

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

礼文島懐かしいですね!
まさか他のキャンプ場もカラスが酷いとはw

No title

あくまで個人的な意見に過ぎませんが、キャンプの本質とは何かの手段としての野営だと思っていますので、登山の前線基地こそはキャンプ場らしいキャンプ場という感じがします。
(むろんこの場合の「何か」には旅も含まれます)

まあそんな事はともかくとして、礼文島にまでコンビニや大型の入浴施設が出来るとは…
私が行った頃はコンビニもなく、風呂は小さくて湯の汚い寂びれた銭湯だけでした。今思えば恐ろしいです。

トミーさん、こんばんは

北海道で初キャンプしたとき、早朝にカラスの鳴き声で目を覚ましたことを思い出しましたw

礼文島と言えば、桃岩荘を思い浮かべますね。

私が会った旅人達で礼文島を勧める人皆が、桃岩荘が最高だったと言っていたのが印象に残ってます。

次回の8時間コースの結果楽しみにしています。

Re: No title

まっきーさん(ジェベルのフジマキさん改めw)コメントありがとうございます、あれからもう三年経つんですよね(遠い目)
礼文島のキャンプ場はカラス注意と言う事で間違いないようです。

Re: No title

ビート★さんコメントありがとうございます、礼文島は今年の春頃に島の北側にあった銭湯が無くなったようです、結構変化や移ろいもあるみたいなので同じところでも新たなる発見がある感じす。
しかしビート★さんの話を聞いているとその当時はどう過ごされていたのかやはり気になりますね。

Re:

ウッシーさんコメントありがとうございます、まあ礼文島と言えば桃岩荘って言う人も多いでしょうね。
僕は行きませんでしたが日本三大ユースホステルと言うだけのことはあるみたいです。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(57)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(31)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(228)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村