2016年7月17日(日) てくてく利尻岳



朝三時半頃起床します、回りのテントでも出発の準備に取りかかっている方が多かったです、荷物はまとめてあったので顔を洗って出発します。

午前四時登頂開始



程なくして甘露泉と言う湧き水がありました。



午前四時二十一分 四合目到着



午前四時四十二分 五合目到着

五合目と言っても登山口が三合目なのでまだまだ序盤です、この辺りまでは傾斜もあまりなく道も割りと良いので呼吸を整えつつ歩いていく感じでした。





午前四時五十九分 六合目到着

ここでは視界が開けている場所があって景色を見ることが出来ました、今日は天気がやはり微妙で雲が多かったです。



午前五時十四分 七合目到着

六合目を過ぎた辺りから少し傾斜も出てきて道も険しめになってきました、少し疲れを感じつつも淡々と登っていきます。





午前五時三十九分 第二見晴台到着

本当は八合目まで行ってから休憩しようと思ったのですが少し疲れたのとお腹が空いてきたのでここで景色を眺めながら持ってきたおにぎりをパクつきつつ十分程まとまった休憩をしていきます。





午前六時 八合目到着

ここまで来ると山頂を望む事が出来ました、留萌を過ぎた位から毎日の様に色々な場所から眺めていたあの山の頂が目の前にあるのだなと思うと少し感慨に耽ってしまいました、ただまだまだ先はありそうですが・・・・。



午前六時三十二分 九合目到着

ここからが正念場と言う看板がありますがどうもこの先が結構長いみたいです。



その先を行くと沓形コースとの合流点がありました、今行っているのは鴛泊コースでこちらが一般的なコースの様で沓形コースはかなり道が険しいらしいです。



九合目を過ぎると傾斜もさらにきつくなりそして足場も滑りやすくなっていて結構難儀しました、崖崩れをしている箇所もあり一番崩れていた所だと本当に人一人分位の足場しかなくてここが崩れたら・・・・とか考えてしまいました。













午前七時十二分 山頂到達

出発から三時間ほどで頂上に到着します、頂上からの眺めは良かったですが惜しむらくは雲が多くて雲海状態で礼文島やら北海道本島やらの眺望が望めなかった事です。
結構楽しみにしていたのでその点は残念でしたがそれでも絶景でした。
遠目から見ても分かるローソク岩とかは迫力がありました。
山頂で三十分ほど過ごして下山を開始します。





下りはじめてから恐らく100人位とすれ違ったと思います、よくよく考えると今日は巷の三連休の中日でどうも一番人が多いと言っても良い日だったようです。



途中から完全に雲のなかに入ってしまいました、早めに行って正解だったようです。



帰り道で甘露泉の水を飲んで行きます、冷たくて非常に美味しかったです。



午前九時五十八分 下山完了

無事に帰還しました、丁度休憩も含めて行って帰って六時間程でした。





その後は休んだり昼御飯のラーメン食べたり少し昼寝をしたりして過ごします、どうも今夜位から天気が悪くなりそうなのでタープを増築します、タープを張るのは旭ヶ丘以来だった気がします。
買った当初は毎回の様に張っていましたが今では張るときと張らないときを使い分ける様になってきました。





ゆっくりと過ごした後近くの利尻富士温泉でお風呂とコインランドリーがあったので洗濯もしてセイコマで買い出しをしてベースキャンプに戻ります、今朝まではテントが沢山ありましたが今日撤収する人が多かったようで大分テントは少なくなりました。
恐らく三連休を利用してわざわざいらしたと言う方が多かったのではないかと思います。

晩御飯は今日はそれなりに運動をしたのでジンギスカンを焼いて食べつつ缶チューハイで晩酌をした後就寝しました。

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3時間で登頂とは流石ですね。自分も利尻山挑戦したくなりましたよ。多分5時間近く掛かると思いますが(^_^;)

No title

コースタイム6.5Hだから早いですね。田中陽希なみ?w

アクセスの良い大雪山旭岳や羅臼岳も登りそうな雰囲気(笑)
アイゼンはいらないと思いますけどトレッキングポールは大丈夫ですか。

No title

利尻登山お疲れ様でした。かつてこの北麓野営場に何日か滞在しましたが、朝の散歩に甘露泉水まで歩き、水を飲んで戻って来るというのは何とも贅沢な日々でした。
(もちろん私は登山はしていませんwww)

ここは夜中に突然突風が吹き始めることがありますので、タープの設営はおすすめ出来ません…

No title

利尻岳からの眺望画像ありがとうございます。きれいです。今回のカメラも良い色が出ていると思います。

Re: No title

蔵太さんコメントありがとうございます、別に早さを競っている訳ではないのですが鍛えればもう少し早く行けそうな気がします。
羊蹄山よりは少し早く行けると思います。

Re: No title

rkさんコメントありがとうございます、キャンプ場の管理人さんにも早かったですねと言われたのでいくらかは早いのかもしれませんね。
ポールは持っていなかったりします、ただあった方が良いなとは思っているのでそのうち買うかもしれません、とにかく無理はしない・ヤバそうになったら下山・天候が悪い日は行かないと言う三点は気を付けようかと思っています。

Re: No title

ビート★さんコメントありがとうございます、確かに散歩がてらに湧き水が汲めるのは贅沢ですね、そう思える感性は大事にしたい気がします。
おっしゃるとおり結構風が出てきているのでヤバそうになったらタープは撤収しようかと思います。
ただ場所的に山登りの前泊でいらしている方が大多数なのでキャンパー的な方が少ないのが少々寂しい気もします。

Re: No title

零仙さんコメントありがとうございます、安物のコンデジなので実際に見ている風景の10分の1でも伝われば万々歳だと思っていますのでそうおっしゃっていただけると光栄です。
確かにきれいでしたがもう少し眺望が望めればと言う気持ちが結構大きかったです。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(55)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(30)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(227)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村