帯広越冬生活の旅 126日目 極寒雪中キャンプツーリング一日目

2016年2月22日(月)



今日は今回の越冬生活の中でやってみたかった事の1つである雪中キャンプを決行しようと思います、久々にそこそこのパッキングをして昼ごろヤドカリを出発します。







目的地は清水町にあるので国道38号線を北上していきます、幸い路面状況はほとんどアスファルトが出ている感じだったので快調に進んでいきます、目的地の看板が見えてきたので山に入っていきます、ここも除雪が効いていて路面はフラットだったので走っていて面白かったです。





そして今回のキャンプ地である遊び小屋コニファーさんに到着します、オーナーさんの手作りだと言う立派なログハウスがあって凄かったです、こちらは北海道では数少ない通年やっているキャンプ場でしかも帯広からも近いので今回のキャンプ地にしました、オーナーさんに聞いたらこの時期にバイクで来た人は初めてだそうですw(まあ当然と言えば当然かもしれませんが)





テントを設営します、テントを張ることもずいぶん久しぶりです、そして雪中にテントを張っているとなんだか気分が高揚している自分がいました、元々愛用しているこのアライテントのエアライズは山岳用なのでこう言った場面でこそ真価を発揮できるのかもしれません。







今回極寒雪中キャンプツーリングを決行するにあたって導入したものの1つがこの鋳造ペグです、付属のペグだとこう言うある程度凍っている雪面には様を為さないので購入しました、10本以上あると結構重いですが今後も使う場面はありそうです、28cmの長さがあるので奥まで打ち込むとかなりガッチリペグダウンすることが出来ました。






テントを設営した後テント内で少しウイスキーのお湯割りを作って飲みます、もうひとつ導入したアイテムが寒冷地用のカセットガスです、これは去年決行した年明けキャンプツーリングで経験したのですが通常のカセットガスだと気温が下がるとガスが気化しなくなってきて火力が弱まるのですがこのカセットガスはプロパンガスも混合されているので通常のカセットガスよりも低温に強い様です、実際氷点下を下回っていても火力は結構安定していて良かったです。







少しテントの中でゆっくり過ごした後夕御飯を作ります、コッヘル炊飯をしてレトルトカレーと煮たまごを湯煎してかけて頂きます、もう相当冷え込んできていますがこうしてテントの中で暖かいものを作って食べると大分暖まると言うか生き返る感じがします。





こちらのキャンプ場は直火もokと言うことで薪を買って雪を掘って焚き火をします、雪の中にテントを張って焚き火をするなんて自分的には物凄い贅沢な事だと思います。









やはりいつもの焚き火の量だと暖をとるには少し寒かったので結構盛大に燃やします、意外だったのはもっと回りの雪が溶けるのかと思ったら意外とそうでもなかったと言うことです、繰り返しになりますが雪の中でテントを張って火を炊いて暖をとると言うのはなかなか出来る経験ではないと思うので本当に楽しかったです。



ひとしきり焚き火を炊き終えてテントに戻ると凄いことが起きていました、レトルトカレーを湯煎したお湯をウイスキーのお湯割り様にと取っておいたのですがそのお湯が少し凍っていたのです・・・・、どれだけ寒いかがよく伝わる画だと思います。



そして再びウィスキーのお湯割りで体を暖めた後テントの中で就寝しました、予報だと明日はマイナス10度よりも冷え込むようなのでどんな世界なのか体験したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです、とりあえずこの記事をアップしていると言う事なので無事に朝を迎えることは出来ていますw
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

びっくりぽん!

いやぁ、すごい雪中野営ですねぇ!

Re: びっくりぽん!

館長さん神速でのコメントありがとうございます、雪中キャンプは今回やりたかったことの一つなので達成できて嬉しいです、大分キャンパーとしての経験値も上がったと思います。

ペグ

こんばんは TOMOです。

雪キャンプ楽しそうですね。
生鮮品は悪くならないし(爆)

ペグですが、
ソリステも悪くないのですが
ホームセンターで売っている
建材用のスチールペグが安くて
ソリステ並みに頑丈で使えますよ。

重量もソリステより軽いです。

打ち込んだら絶対に抜けないものすら
売られています(^^;
↑コレはキャンプには使えませんが

No title

お!やっていますね。
楽しそう…。(笑)
これでトミーさんのアウトドアライフのステージも間違いなく上がりそうですね!

本当に寒い中では、不思議ですが、どうやら水よりもお湯の方が先に凍ってしまうようですね!
(ムベンバ効果とかいうらしいです。)
私もまったく同じように酒のお湯割りをやろうとして、やらかしたことがありました。(笑)

今後の厳冬キャンプ&ツーリングレポート期待しています!

No title

すごい。すごいです。登山家なら有りですが、まさかのカブツーリングですからね。キャンプ場の方は驚愕ですね。私は富山ですが、二上山キャンプ場にトミーさんがおられたことを思い出しました。黒部まで往復されたことも驚愕でした。でも・・・冬の北海道の写真を拝見するのは楽しいです。

キャンプ場

レポ感謝。 トミーさんらしいレポ。
こんな時でもきちんとキャンプ場を探して、
きっちりテント設営するところが、安心してみていられます。
直火もokでよかったですね。最高の贅沢だと思います。

すごいです

おはようございます
いつも楽しみに見ています。
氷点下の中、雪中カブ、雪中キャンプすごいです。
もう、仙人界に近づいている。

そして、みっちゃんのコメントにもびっくり。
思わず、「ムペンバ効果」調べてしまいました。
ハングをする人は、理科系が多い?

No title

おお!雪中キャンプ!
すごい、やりましたね~

Re: ペグ

TOMOさんコメントありがとうございます、確かに色々調べていたらホームセンターのペグも良いと言うサイトもありましたね、まあ一式買ってしまったのでこれを使って行きたいと思います。
ペグを抜くのには一苦労しました。

Re: No title

みっちゃんさんコメントありがとうございます、雪中キャンプは越冬生活でもやりたかったことの一つなので実現できて良かったです、とは言え正直過酷な部分もあったのでまだまだ経験値を積まねばと言う部分もありそうです。
コッヘルのお湯が凍っていたのにはビックリしました。

Re: No title

さかやんさんコメントありがとうございます、正月を宗谷岬で迎えられる人とかに比べたら僕なんてまだまだだと思っています、二上山キャンプ場は結構好きな場所だったりします、夜景が凄い綺麗ですしまた行きたいなと思っている場所です。

Re: キャンプ場

siroutoさんコメントありがとうございます、北海道で通年やっているキャンプ場と言うとかなり限られてくるのが実情なのですが今回はいい場所にあってよかったとおもっています。

Re: すごいです

深谷ねぎさんコメントありがとうございます、個人的に旅は多少過酷な方が良いと思っていますが今回は想像以上に過酷な面もありましたが自分的には非常に有意義な時間を過ごせたと思っています。
みっちゃんさんは非常に博識ですね。

Re: No title

ぜにぜにさんコメントありがとうございます、やってしまいましたw

No title

お~~~凄いですね・・・

読んでいると寒気がします、南国育ち(九州福岡)の私には考えられないことです

今でも右にストーブ左にストーブ足元には電気ストーブで暖を取っている状況です。

現地の状況が手に取る様に伝わってきて寒さ感じます、カブ乗りのキャンパーのスペシャリストになりましたね。

本当にすごいです頭が下がります、UP楽しみにしています。

Re: No title

bobyさんコメントありがとうございます、自分ではまだまだ修行が足りないと思っています、とは言えあまり無茶(極寒雪中キャンプも無茶といえば無茶ですが)は出来ないので自分の力量を見極めつつ色々やりたいと思っていますが、その辺のさじ加減が難しい所です。

No title

極寒キャンプおめでとうございます。
これで国内ならどこでも野営できますね(^w^;

お湯割りに限った話でもないですが、
保温の水筒はキャンプで便利ですよ。
ホムセとかで数百円で売ってるあれです。
道中買った熱いもの冷たいものも保温できますし。
北海道の寒中でどれくらい保温できるかは不明ですが(^^;

私もいつかは冬の北海道カブキャンプを夢見ております。。

Re: No title

mikkieさんコメントありがとうございます、確かにこの経験は結構大きいと思っています、自分なりにですが限界を突き詰めていくことが旅人レベルの上昇に繋がるのかなと思っています、もちろん上には上がいますが自分なりに模索しながらやっていくことに意味があるのかなと個人的には思っています。
冬の北海道は想像よりは走れるなと言う印象はありますが油断はしないようにしたいと思います。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(55)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(28)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(227)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村