バイクでの長旅における荷物のパッキングについての考証 第三回



本当は一つの記事でまとめようと思っていたのですがとてもまとめきれずw今回のパッキング考証の記事は結局三回に渡ってお送りする事になりました、今回は最終回です、前回・前々回の記事を踏まえ引き続き残りの積載部位の荷物について解説&考証していきたいと思います。



リアボックス・左右サイドバックに引き続いてレッグシールドの内側に装着したセンターバックの積載についてですがこちらにはネクサス7等を初めとした電子機器関係の物をバイク用品店で購入した防水バックに入れて積んでいました、初期の積載カテゴリーの記事でも書いたのですが、カブのキーの差し込み口の近く辺りにシガーソケットとUSBソケットがついた電源を取っていてそこから走行中に充電を出来る様にしていました(雨の時は少々難儀するのが難点ですが・・・)
大体一日200キロ位の走行だとブログを更新したり多少ネットを閲覧する位の電源は確保出来る感じでした。
センターバックは乗車した状態でも出し入れが出来るのでよくセブンイレブンとかWi-Fiが飛んでいるコンビニに立ち寄ったときにカブにまたがったままWi-Fiを利用してネットを見たりとかそう言う事が出来たので結構便利でした。



次はフロントキャリアに固定したホームセンターで売っているツールボックスの中に積載していた荷物ですが、工具類と(工具は旅立ち前に比べて整備スキルの上昇(自分で言うのもあれですがw)に伴い結構増えたのでまた別記事で紹介しようかなと思っています)風邪薬や痛み止めとか包帯等のファーストエイドキットを入れていました。
工具についてはパンク修理やタイヤ交換等の作業がこなせる程度の物は揃えていました、工具類は旅に必須とまでは行かないかも知れないですが、僕の場合は結構パンクもあったりと不慮のアクシデントwもあったので持っていて良かったと思います(下手したら詰んでしまった場面もあったのでw)





最後にリアボックスの上部にバイクカバーを巻いてツーリングネットで固定したザックの中の荷物について考証したいと思います。
ちなみにこのエキスプレスDボックスですが蓋の回りにJ型の金具があらかじめ着いていて写真の様に箱の上部に荷物を積むのに非常に便利です、荷物を積載した状態でも箱の空け閉めが出来るので(もちろん荷物を積んでいない状態に比べると荷物の重みの分手間はかかりますが)非常に便利です。
ザックの中にはテントや・寝袋・エアマットを初めとした野営(キャンプ)道具を入れていました、この積載実は旅に出る前にせっかく箱の上にも荷物が括れるのだからとキャンプを始めたときに買っていたザックが丁度いいサイズだった位の理由でこの様な積載にしたのですが、これが結果的に非常に利便性が高いパッキングとなりました。

その利便性についてなのですが、僕の場合先般の旅でキャンプ場を利用する機会が非常に多かったのですが(宿泊回数の中でキャンプ場がダントツトップでした)キャンプ場の中にはテントを張るサイトにバイクを乗り入れ出来ないと言う所が結構あったりします、その際にこの積載方法のメリットが存分に発揮される訳であります。
具体的には乗り入れの出来ないキャンプ場の駐車場にカブを止めて、野営道具一式を入れたザックを背負って、空いている両手には食料や自炊道具やネクサス7とかのブログ更新用の道具とかを持っていけば駐車場からサイトへの移動が一回で済む事も多く非常に楽でした。



後ザック自体も旅中非常に役にたった場面があってそれが石垣島を拠点とした八重山列島探訪や南大東島や宮城県の田代島等カブを置いていっての船旅をした時です。(ちなみにこのザックを背負った自撮り写真コメントで二回もビート★さんに絶賛されたものですw)
中身は田代島の時は野営道具を入れていましたが、八重山や大東島の時は衣類や電子機器等に入れ換えました、この時はバックパッカー気分(実際バックパッカーでしたがw)を味わえて非常に楽しかった事を思い出します。
余談ですがザックを背負って歩いていると結構しんどくてこれ以上の荷物を積んで歩いているべーすけさんは本当に凄いんだなとこの時実感しました。

各積載部位ごとの荷物の考証は以上ですが、このパッキング自体は自分で言うのもあれですがwそれなりに完成型かなと思っています、基本的に何をするにおいてもパッキングを必要最低限に解くだけで済みましたし、利便性と言う点に置いては合格点でした。
一つ難点と言うかこれは旅の初期にビート★(ビート★さんなんか名前ばっかり出してしまってすいませんw)さんにコメントでご指摘を頂いたのですが荷物の重心が若干高め(主に箱の上に括ったザックだと思いますが)かなと言う所です、ただ実際に荷物を積載した状態で長いこと走行していましたが例えば峠道のワインディングロードとかでバンク(まあカブのバンクなのでたかが知れてますがw)しても特にバランスが崩れると言う事も無かったのでそれほど問題は無かったと思います。

以上で三回に渡ってお送りした長旅における荷物のパッキングについての考証を終えたいと思います、もしこれから旅をする方の参考になれば非常に幸いであります、自分も旅に出る前は先人の日本一周人の方のブログを参考にした経緯がありましたので(そうでなければ独力でここまでのパッキングに到達できなかったのは間違いありません)
何回か書きましたが本当に長旅における荷物(これはバイク・自転車・徒歩を問わずですが)は個性があって非常に興味深い分野であると思います。

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです。
最初はブログネタ作り程度にと思っていた今回の企画ですが思った以上に大作になってしまいました、一連の記事で先般の旅における積載についてはかなりの部分を紹介できたので結構有意義な記事になったかなと自己満足していますw。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい記事です

今までも、これからも、私には必要のない記事ですが、 面白かった。感謝。
(一度はしてみたい希望の中でディテールが形を成していきます。)

ごぶさたートミーさんのパッキングは うちに宿泊された時 参考にさせてもらいましたが 私の場合 犬を乗せるという課題があったんで 初キャンプツーリングの四国行きでは バランス的にも 全くダメで それから 積載物の軽量化 コンパクト化などでだいぶマシになり あと積みかたを マスの中心化して積載して行ったところ 峠も攻めて楽しめる位になりましたー まだまだ 試行錯誤中ですが また 今月もキャンプツーリング行ってきまーす・ いつか 関東にも お邪魔するかもしれません そんときは よろしく・

トミーさんおはようございます。
超大変勉強になりました♪
質問ですが…
サイドバックはマフラーに触れているのでしょうか?
自転車ツーリングに使用していたサイドバックがあるのですが、トミーさんの物より縦に長いです。
確実にマフラーに触れてしまいます(。>д<)以外に大丈夫なものですか?サイドバックは防水の分厚いビニール系です。

No title

旅人の後ろ姿再降臨きたあああwww

それはともかく、これはテントの収納時の大きさが特に小さいからこそ成立するパッキングですね。私の使っているテントではとても無理です。
私は他の二輪の旅人の荷物の積み方を見るとそれだけで興奮して息が乱れるという性癖の持ち主ですが、本当にパッキングについて語ればそれだけで三日三晩は飲めますね(笑)

No title

旅人の後ろ姿再降臨きたあああwww

それはともかく、これはテントの収納時の大きさが特に小さいからこそ成立するパッキングですね。私の使っているテントではとても無理です。
私は他の二輪の旅人の荷物の積み方を見るとそれだけで興奮して息が乱れるという性質の持ち主ですが、本当にパッキングについて語ればそれだけで三日三晩は飲めますね(笑)

No title

大変面白い記事でした。
自分の場合はセンターバッグの位置にベトキャリを付けて
ザックを置いてました。
(なんちゃってニーグリップできるようにと、エンジン音が
小さくなりますから)
リアボックスは、普段使わない物、キャンプ場に着いてから
しか使わない物、濡れたら困るもの を詰めてますね。
その分ザックとサイドバッグに余裕を持たせてました。

トミーさんのはとても理想的なパッキングですね。

自分に合った理想的なパッキングを工夫するのも
ツーリングの楽しみですね。

No title

こんちわーw
僕はようやく冬眠から目覚めてブログを更新し始めています…が、
あと一週間で現在まで追いかけないと思うと…((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ちらっと見たら僕のご紹介ありがとうございますw
僕のザックはもう身体の一部なのでそんなに辛さは感じないですよww
逆に今、自宅で散歩したりしているときには肩の辺りが違和感ありますから爆

そういえば、なんとか今年中に鹿児島以南へ行けそうなんですが
できるだけ安く島々へ渡るにはどうしたらいいですかね?
実家に帰って聞いてみたら、実家の米子空港から那覇空港までのスカイマークが一万円とか聞きまして…
賢者の知恵をお分けくださいww

Re: いい記事です

shiroutoさんコメントありがとうございます、お褒めのお言葉を頂きまして恐縮です、今回はかなり深く掘り下げて考証したのでそれなりに妄想も膨らむ内容に仕上がったと思いますw。

Re:

くじらさんコメントありがとうございます、おお!犬乗せのパッキングも日々進化している様ですね(僕のパッキングなんかよりむしろくじらさんの方が凄いと思いますw)
大分キャンプツーリングにハマられているようですねw、今度三重に行った際には(いつか必ず行きますw)是非犬乗せ仕様のくじらさんのカブとキャンツーに行きたいものです。

Re:

ヒコさんコメントありがとうございます、ご質問についてですが僕の場合はサイドバックはマフラーより若干上にバックが来るような感じです、チャリダー用のサイドバックでも多分マフラーにあたると溶ける可能性は否めないかと思います、費用の問題もありますがやはりバイク用のサイドバックを使用するかマフラーにヒートガードを付けるかいずれにしろ対策は必要になるかと思います。

Re: No title

ビート★さんコメントありがとうございます、確かに師匠が日本一周の時に使っていたテント(フロントキャリアににドカシー巻きのパッキングが印象的でした)は大きかったですよね、多分エアライズ2は下手したら5分の1以下の重量と嵩かもしれません。
パッキングは装備が変わるとそれなりに見直しをする必要も出てきたりするので本当に奥が深いですね、そのうちパッキング談義で三日三晩語りたいものです(爆)

Re: No title

はりいさんコメントありがとうございます、理想のパッキング等とお褒めのお言葉ありがとうございます、確かにカブのレッグシールド内側と言えばベトキャリですよねw、僕の使っているセンターバックは現在入手困難みたいなので仮にバックが無くなったらベトキャリにバックを括るようなパッキングにすると思います。
現在のパッキングに到達するまでは結構試行錯誤したので(その過程がまた楽しいのですがw)結構自信をもっておすすめ出来ると思います。

Re: No title

べーすけさんコメントありがとうございます、最近べーすけさんのブログを毎日覗いている日々でしたが(しかしトップ画面のあの色々な写真が切り替わる演出は見ていて旅情を掻き立てられ過ぎて困るほどです(爆))更新が再開して楽しみが増えましたw。

沖縄への交通手段ですがはっきり言って船よりは飛行機の方が安いですw(ちなみに鹿児島からカブ込みでの船賃が二万円位でした・・・・)ただ日本一周人としてはやはり鹿児島まで自力で行って沖縄に行くと言うのが一番ロマンがあると思います。
コメントから察するに後一週間で再出発ってことですかね、ブログ楽しみにしてます(さりげなく更新のプレッシャーをかけます(爆))

ザック生活が長いとやはりそうなりますか、実は僕も荷物をフル積載していないカブに乗っていると時おり違和感を感じたりしますw。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(56)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(31)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(228)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村