バイクでの長旅における荷物のパッキングについての考証 第二回



こんにちは、本当は前回の記事から間を空けずにアップするつもりだったのですが、キャンプツーリングありのライダーハウスにお客様がいらしたりでなんだかんだで第二回のアップがこんなにのびのびになってしまいましたw。

トップの画像(前回の記事でも使用した物ですがw)が先般の旅におけるカブのフルパッキング状態であります、ここからは積載部位ごとにどういう荷物を積んでいたかや、実際にこの様に積載して旅中どうだったかと言った事を前回の記事を踏まえてわりと突っ込んだ所まで考証していきたいと思います。

まずは主な積載部位について解説していきたいと思います、基本的には出発前のこちらの記事をご覧いただければと思いますが、リアキャリアに固定したボックス(JMSのエキスプレスDボックスを使用しています)と左右サイドバック(ラフアンドロードのRR5632を使用しています)・レッグシールドの内側に装着したセンターバック(ラフアンドロードのRR6090を使用しています)・フロントキャリアに固定した工具箱(ホームセンターとかで売っているやつです、これは旅中に転倒したりして箱が割れてしまって何度か交換していますw)・最後にリアボックスの上にザックをバイクカバーで巻いてツーリングネットで固定した部分です。

上記の通り計六ヶ所に主な積載部位があるわけですが、基本的に部位が多ければ多いほど前回の記事で述べたポイントである「用途ごとに荷物を分ける」と言う事がやり易くなると思います。
次は各積載部位に何を積んでいたかについて考証していきたいと思います。



まずはリアボックスに何を積載していたかですが主に備蓄の食料(インスタントラーメンやお米等々)や自炊道具一式・ツーリングマップル等の書籍・等がメインの中身です。
リアボックスの積載に関しては自分なりに意識していた事があってこれはカブで日本一周の師匠であるビート★さんさんのブログに書かれていた事なのですが「リアボックスにはなるべく荷物を積まない様にする」と言う事です、何か矛盾しているような気がしないでもないですが、実はこれが非常に重要なポイントなのです。

リアボックスは先程書いた六ヶ所の積載部位の中でも比較的アクセスしやすい(蓋を開けるだけ)ですし容量も全部位の中でダントツトップ(エキスプレスDボックスは容量78リットルも!あります)なのでわりと頻繁に出し入れすることが多いです。

実際に旅をしていると一時的に荷物が増えるような状況が結構あったりします、例えば走行中は上着を着ていたりしていて目的地に着いてさあ散策しようとかそういう時に上着をボックスに放り込んだり、後は食材の買い出しをしている時に丁度備蓄食料計の品物が特売とかでお買い得な時にまとまった量を買いだめしたりと言った時などです。

こう言った時にリアボックスに意識的に空きを作ることで先に書いたような状況に柔軟に対応する事が出来るわけです(と言っても結構荷物の整理をサボったりしていてボックスの中がパンパンと言う時もありましたがw)



お次は左右のサイドバックに何を積載していたかについて考証していきます、チェーンカバー側のサイドバックには衣類全般を積載していました。



具体的にどのように衣類を入れていたかですが、写真の様にシャツ類・下着類・靴下等に区分けして百均に売っている衣類圧縮袋(掃除機を使うタイプではなく手で圧縮出来るタイプ)に入れていました、この衣類圧縮袋は非常に便利でまず当然ですが圧縮することによって荷物の嵩が減ると言うメリットと雨に降られた時(このサイドバックは防水タイプでは無いので・・・・・、サイドバックは多少容量を犠牲にしても防水タイプの方が良いと思いますw)でも衣類が濡れなくて済むと言う二つのメリットがあります、衣類圧縮袋は旅の必須アイテムと言っても過言ではないかもしれません。

このサイドバックは専用のバックル(このカブの場合はリアキャリアにバックルの着いたバンドを巻いています)で接続されていて着け外しが容易で、銭湯に着いてお風呂に入る時は衣類の入った方のサイドバックを外して洗面用具の入ったお風呂セットと温泉博士(もとい温泉神)を持っていくと言うのが通例のパターンでしたw、こう言う場面でも全くパッキングを手間をかけて解く事は無く準備出来るので非常に便利でした。

後長旅において持っていく衣類の量ですが個人的には5日分位が一番バランスが良いと思います(下着と靴下はもう少し多目の方が良いです)これより多くなると無駄に荷物が嵩張りますし、少ないと洗濯の頻度が多くなりすぎて大変になってしまいます、5日分位だと大体一週間に一度(シャツとかは二日位着るときもありますw)位コインランドリー等で洗濯すれば衣類は上手く着回す事が出来ます。

マフラー側のサイドバックに入れていたものですが、飯盒や(ほとんど使いませんでしたが・・・)僕のブログではお馴染みの(爆)腹筋ローラーや縄跳び等の運動用のアイテムや雨具等を入れていました、後は冬用の上着等を夏場に入れていたりしました、基本的にこちら側のサイドバックには比較的使用頻度の低い(腹筋ローラーは別ですがww)物を入れていました。

引き続き解説をしていこうかと思ったのですがやはり想像した通り積載について語ると物凄く長くなってしまったので残りの部位についてはまた次回の記事で考証したいと思います(繰り返しになりますが決してもったいぶっている訳ではありませんw)

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです。
本当に長旅における荷物のパッキングは奥が深いですし濃いw分野だと思います、これから旅をしようと思っていらっしゃる方にとっては非常に悩み所ですし(僕もそうでした)重要な部分なので記事を分割wしてでも今回は詳しく考証していきたいと思います。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

フロントに着けたBOXは、旅の最中に鍵をつけなかったのですよね?
サイドバックやテントとかぶら下げたものをそのままに
観光をしたのでしょう、装備を盗まれるとは思わなくなるものですかね?
見学と化する場合は、センターバッグを外して持ち歩いた?

長旅をする人ですべてバッグの人が居ますが荷物は心配ないモノ
なんでしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます、僕の場合ですが財布等は当然常に身に付けていましたし、その他の貴重品は鍵のついているリアのエキスプレスDボックスに入れていました、その他の物は正直盗もうと思えば盗める状態でしたね(とはいっても金目の物は無く旅人着ているくたびれた服とかを盗むメリットも無いでしょうがw)
まあ車とかでもガラスを叩き割ったりしての車場荒らしがあるわけですしそう言った盗難のリスク対策に完璧を求めるときりがないのも実際の所だと思います、幸い僕の場合は旅中荷物の盗難等の被害にはあいませんでしたが荷物の管理も含めて旅中はすべて自己責任なのでその辺りも覚悟の上で行動するしかないのかなと思っています。

後コメントを頂いてこう言う事を申し上げるのも非常に恐縮なのですが今後無記名のコメントは内容にもよりますが削除する可能性がありますことをご了承いただければと思います。
お手数ですが HN(通りすがりとかでも結構ですので)等のご記入をコメントの際にお願い致します。
(今回の様なコメントは大歓迎なのですが極々稀に名前も名乗らずに無記名で変な事をコメントされる方がいらっしゃるので・・・・)

キャリアステーについて

はじめてご連絡させていただきます。(ニックネームはありません)

JA07 09年のカブ乗りです。ほぼトミーさん仕様をトレースしている
旅人(日本一周はムリですが、近県を旅して周る予定です。)
私もJA07を中古で購入しました。しかし、2人乗シート+JIVIでやってきました。本当は純正姿で来てくれれば良かったのですが・・・・・

只今純正仕様に戻し+旅人仕様に改造途中です。
シートからキャリアまで・・・・・(結構大変で、半年以上オークション
やら、ネットショップの特売でがんばっています。)

漸く、年末のクリスマスバーゲンでエキスプレスD+東京堂サスペンション(銀色)+ラフアンドロードRR5632を購入することが出来ました。このまま行くと「トミーさん仕様のカブちゃんに?なってしまう?」
かもしれません。トミーさんに間違われない様、と言っても・・もう50
歳ですから「間違われ様もない」でしょうが。(騙り野郎にならない様
注意致します。旅人仁義は守ります。)

現状
一気呵成に改造する予定なので、段ボールの山の中に炬燵がある様な状態です。

お願い致したい事
キャリアステーについて

ラフアンドロードRR5632を装備する際、おそらくマフラーにバックが
干渉すると思われます。凹型のステーをHP上で拝見しましたが
とても良く出来ていて感心しております(伸びる設計+締め付け穴
も左右に移動出来るなど)
このキャリアステーはどこで入手されたのか教えて頂きたく、ご連絡しました。旅人の「極秘自己アイテム」なのかもしれません。が
許される範囲で結構ですので「許されれば」お教え願えないでしょうか。お願い致します。
メールアドレスは公開しがたいので記載しませんでした。

これからのご活躍を応援したいと思っております。

Re: キャリアステーについて

なんとお呼びしていいかわかりませんがコメントありがとうございます、お話の中にあったステーですが現在は使用していません(ステー自体はホームセンターに売っている金具を組み合わせて作ったものです)
確かに普通にサイドバックを着けるとマフラーにかなり近くなりますが熱で溶けるとかそこまでの不具合は多分無いと思います、今はサイドバックの後部の留め具にカラビナを着けて後ろのバックルのベルトに着ける事によってマフラーからの距離を離しています(詳しくは http://cub110tabinikki.blog.fc2.com/blog-entry-131.html の記事をご参照下さい(結構見つけるのに手間がかかりましたw))
まあ旅バイクの積載については色々とご自身で試行錯誤するのも楽しい部分であると思います。

回答ありがとうございました。

旅バイクの積載については色々とご自身で試行錯誤するのも楽しい部分であると思います。

身に染みました。
確かにその通りだと少し恥ずかしく思っております。
示していただいたURL大変参考になりました。ありがとうございます。

話は変わりますがトミーさんは旅人の家を運営されているご様子
です。(大前提として、もう実行されているかもしれません)
それですと、白色のみなし法人の申告で、給与から引かれている
所得税からトミーの家の運営費(固定資産税、電気代、ガス代、
水道のポンプ修繕費用、使用しているカブの燃料、オイル代、
家屋の取得価格から一定の減価償却費、カブ自体の(買い出し等
にも使用されているので)+事業経費(ある程度の交際費など)
も費用として認められるので、納税した給与の所得税と住民税
から差し引くことが出来ます。(いわゆる税金の還付というものです)

また、申告する必要があります。(前提として一泊100円でも1000円でも)ゲストの方から宿泊費をいただいている事が必要です。

税務署で相談されるといいと思います。後、モノタロウなどのサイト
でも事業者サイトで購入出来るので、事業用タイヤなどが相当安く購入できます。

もし現状宿泊費をいただいているのなら、申告をしないとなりません。
外形標準課税の変更もありますが、おそらくおそらく所得税が
かなり還って来るとおもわれます。住民税も調べてみて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 回答ありがとうございました。

蕪さんコメントありがとうございます、色々と詳しいご解説のコメントを頂戴して恐縮なのですがライハに関しては(そもそもライダーハウスと言うのも自分で勝手にそう言っているだけですw)営利や事業と言った事でやっているわけではなく(なので料金は一切頂いていませんし今後もそのつもりは全くありません、ようはは自分の家に人を泊めているだけなのでw)ご解説にあるような税務処理は必要では無いかと思います。
そもそも何でこう言う事をしているかと言うと先般の旅で色々な方から頂いたご恩を間接的にではありますが返したいと言う事と、来てくださった方と旅の話をしたい(これが最大の目的だったりしますw)と言う事につきます。
なので別に対価(強いて言えば旅の話に付き合っていただく事が最大の対価とも言えますがw)や見返りを求めている訳ではないです、そのあたりをご理解いただければと存じます。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(57)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(31)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(228)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村