旅三百五十三日目 高原ツーリングの日 日本国道最高地点到達!

2014年5月10日(土)



朝五時半頃道の駅上田道と川の駅付近の芝生に設営したゲリラキャンプ場で起床します、特に何事もなく一晩過ごすことが出来ました、とは言えゲリラキャンプには違いないのでとりあえず速攻でテントを撤収します。



昨日あらかた仕上げたブログをアップします、やはり本当は夜にブログを書いた方が一日の時間の使い方的にはベストなのですがやはり夜テントを張って一段落したら晩酌がしたくなるわけでw、晩酌のあとにブログを書いたら内容がめちゃくちゃになるのは目に見えているのでw、やはり朝ブログを書くと言う基本プロセスは変わらなそうですw。
今日は早めに支度ができたので朝七時半頃出発します。



今日はサブタイトルにもありますが日本の国道の最高地点である渋峠を目指してぐるっと巡りたいと思います、実は志賀高原側と草津側からと途中まではアプローチしていたのですが渋峠までは行っていなかったので今回行こうと言う魂胆です、正直いままでもそうですが効率のいい回りかたと言うのをしていないのでこう言う風になってしまうのですw、まあ長旅に効率を求めるのもナンセンスな気がするので(もちろん求めるのも人それぞれ自由ですが)同じところをまた走ろうがそれはそれでいいと思ってます。
そんなこんなで途中の道の駅北信州やまのうちで休憩します。



お饅頭の試食が充実していてついパクパク食べ過ぎてしまいw申し訳ないので野菜の直売所でほうれん草とにらを買っていきます。



志賀高原から渋峠を経て草津へと抜ける国道292号線を走ります標高が高いのでまだ花がきれいな所が多かったです。



前回走ったときスルーしてしまった潤満滝を見物していきます。



しかし景色がいいです、標高が高いせいか空気も済んでいて景色がきれいに見えます。



途中温泉が吹き出ている場所がありました。



しかし寒いですw、まあ行く前から寒いのは覚悟していたのですが電工掲示板の2度と言う表示をみて笑ってしまいましたw、まだ日が出ているので体感はもう少しましですが寒いことには違いありませんw(ちなみに写真は撮らなかったですがその先の温度計はマイナス1度を示していましたw)



と言うことで日本国道最高地点に到達しました、この辺りになると寒さに加えて風も強くなってきてさながら修行のようなツーリングの様相を呈してきましたw、何ゆえ自らこのような苦行を科すのかと自問自答しながら走りますw。



途中の白根山に立ち寄ります、駐車料金200円かかってしまいましたがまあいいでしょうw、と言うかもう渋峠の辺りから群馬県に入っています、所為関東ですw、ぶっちゃけ帰ろうと思えば帰れる所まで来てしまいましたw(まあ長野からでも帰ろうと思えば帰れる距離ですがw)とは言えこの旅ももう少し続く予定ですw。



どうもここには蔵王のお釜見たいな湯釜と言う所があるみたいなので登山道をせっせと登っていきます、かなり寒くて風も強くて登りもキツいので息を切らせながら登ります。





せっせと歩いた末に湯釜に到着します、蔵王のお釜よりは少し薄目の緑といった感じでメロンソーダやバスクリンみたいな色をしていました。



その後草津界隈に入ったのですが行く気分にならなかったのでスルーして嬬恋のパノラマラインに入ります、なんか北海道的な開けた景色のいい道を走っていきます。



稜線の中に畑がありその向こうには山が見えてなんとも美瑛チックな光景です(どうしても一回北海道に行ってしまうと景色の基準が北海道になってしまいますw)



今日はお昼ご飯は珍しく自炊しようかなと思っていて良さそうな場所を探しながら走っていたのですが、湯の丸高原の手前辺りの川べりの場所が良さそうだったのでカブを止めてさっき道の駅で買ったほうれん草とにらと魚肉ソーセージを入れたラーメンを作ります。



ラーメンが完成し川のせせらぎを見ながら頂きます、ぶっちゃけ材料費は200円弱くらいですがこう言う景色を見ながら食べているとなんとも美味しいし贅沢に感じます、やはりラーツー(ラーメンツーリング)は最高ですw。
まあ普通の人から見れば慎ましい食事かもしれないですが僕にとっては最高の贅沢です。



湯の丸高原を越えてまた長野に戻ってきます、東御市にある布引観音温泉で温泉博士を発動してお風呂に入ります、ここは源泉かけ流しで湯船もシンプルで温泉チックなところでいい風情でした。





近くのベイシアで夕食の食材の買い出しをします(しかしこの買い物かごの中の写真をブログに載せるのが結構旅のリアリティが出るみたいで最近結構真似する人が出てきた見たいですw、正直くだらないように思える事を載せるのがリアリティを出すコツなのかもしれませんw)



そして今日のキャンプ地であり昨日休館日で泡を食ってしまった上田市の市民の森公園に到着し受付を済ませてテントを設営します、今朝早めに出発したお陰か結構距離も走ったのですが大分早めにテントを設営することが出来ました。



時間があったので少しテントの中でまったりした後日課の縄跳びを2500回弱ほどこなします(3000回やろうかと思ったのですが湯釜に登ったときに結構体力を消費したのでこの回数でかんべんすることにしましたw)



日が落ちるまで今日の分のブログを執筆します。



日も暮れてきたので晩御飯をテントの中で作ります、今日はさっきのほうれん草とにらの残りとモヤシと豆腐入りの味噌汁を作って頂きます、そして二日ぶりに缶チューハイで晩酌をします、地下帝国のカイジ張りに唸りながら飲んでw(染み込んできやがる・・・・w)いい気分になった後テントの中で就寝しました。

今日の走行距離 175・8km
費用 1597円

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです、今回は本当に純粋に走っていて楽しい道のりでした、後河原でラーメン作って食ったのは最高にうまかったです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1げと。

北海道が基準になるのはよくわかりますよー
そう言う意味でも、日本っていろんなところが会っておもしろいですよねww

No title

渋峠、いいですね。しかし五月に行くとは…笑
見ている方が凍えそうですガクガク

No title

最高地点到達おめでとう!
陣馬形山キャンプ場ってのが、素晴らしいらしいので
行けたらいってみてください。

空気が澄んだ中の景色、本当に気持ち良さそうですね(^_^)
見ているだけでもウキウキしてきます。

Re: No title

べーすけさんコメントありがとうございます、しかし最近本当に頻繁にコメントどうもです、自分のブログを更新しながら他のブログに顔を出せるとは余裕が出てきましたねw。
まだまだ日本には見ていない景色が沢山ありますね。

Re: No title

ビート★さんコメントありがとうございます、渋峠はまさに寒中修行でした(爆)
わかってはいたんですがこのタイミングを逃すと行けなそうだったので強行しましたw。

Re: No title

館長さんコメントありがとうございます、そちらのキャンプ場は結構人気があるみたいですね、ただWi-Fiが入らなそうだったので断念しました・・・・・。
長野だったら茨城からでも比較的近いのでまたの機会にでもいってみたいですね。

Re:

signalさんコメントありがとうございます、景色はめっちゃ良かったです、ただ7月から8月位に行かないと寒さは厳しいですがw。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(57)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(32)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(228)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村