旅二百九十日目 沖縄滞在記大東編・南大東島滞在二日目島を歩いて探訪

2014年3月8日(土)



夜中の三時頃になんか急に目が覚めてしまいブログの更新作業をこなしたりした後また眠りにつきその後朝七時頃起床します、ホテルの朝食を食べつつまったりと過ごします。



とりあえず今日出る予定の船で那覇に帰還する予定なのですが、まだ船が出るかどうかも時間もわからないのでとりあえずあたりをぶらぶらすることにします。





島の繁華街には飲み屋も結構あったりスロット屋もあったりします、やはり絶海の離島とだけあってある程度の娯楽も必要なのかなと思いました。



島の製糖工場の煙突にはなんとも考えさせられる文言が、今結構領土問題があるなかでこうして島に人が住んで生活を営むと言うことが結構重要なんだなあと思いました。





そんなこんなでお昼になり、昨日も行った富士食堂さんで600円の大東そばを注文して食します、もう200円で昨日も食べたバイキングになったのですが最近食べ過ぎなので涙を飲んで我慢しましたw。



昼食を食べ終えた後電話があり今日の船は夕方6時頃出るとの事でした、予定よりも幾分遅くなったようです、とりあえず時間までのんびり歩いて島を散策することにします、昨日行きそびれた大東神社を訪れます。



毎年行われている奉納相撲の土俵がありました。



島をてくてくと歩いていきます、昨日日の丸山展望台から見た通り広大な畑が広がっている所が多いです、一枚一町分(約1ヘクタール)以上ありそうな結構ありました、大東島の農家はほとんどが大規模経営の所らしいです。



お次はこちらも昨日行きそびれた塩屋海岸を訪れます、やはり島の回りは断崖が広がっています。



塩屋プールです、昨日行った海軍棒プールと同じように珊瑚の岩をくりぬいて作った海水のプールです、今日も波が結構強くて入ったら多分波に打たれそうですw。



松並木の遊歩道を歩いていきます。



島のキャンプ場です、あずまやもあるしなかなかいい感じです、長期滞在するならここもありかもしれません、八重山諸島はほとんどキャンプ禁止の所ばかりだったので結構珍しいかもしれません。



てくてく歩いて西港まで到着します、ちょうど船に荷物を乗せる作業をしているところでした、南大東島ではかぼちゃの生産も盛んなようでカボチャが満載されたコンテナをクレーンで船に乗せていました。



昨日と同じくゆっさゆっさ船が揺れる中クレーンでコンテナを吊るして船の上に乗せています、位置もきっちりと船に積むのはかなり大変な作業だと思います。



おそらくガソリン等を入れるタンク等も同様に積んでいました、しかしこの作業に従事する方々は本当にプロだと思います、日本中でもこう言う船積み作業をするのはおそらく大東だけだと思われますので。







荷物だけでなくて車も同様にクレーンで吊るして積んでいっています、大分日も暮れて暗くなってきましたがこの作業見ていて全然飽きなかったです。



そして最後はついに乗客の番がやって来ましたw、昨日はクレーン上陸でしたが今日はクレーン乗船ですw。



ゴンドラに乗客が乗り込みます。







クレーンに吊るされてゴンドラが離陸します、やはり大迫力です。





甲板は港に比べると場所が狭いのでやはり上手く乗せるのが難しいからか、昨日より滞空時間は長かったです、ゆっさゆっさとゴンドラに上で揺られながらも鮮やかなクレーンさばきで船の甲板に着陸します。



無事に乗船を済ませます、昨日食べすぎたので今日は晩御飯は無しでいいかなと思っていたのですが結構歩いたせいかお腹が空いてきたので自販機でカップラーメンを買ってゆっさゆっさと揺れる船内で食します、ここのところの船旅続きで大分船に慣れたのか結構余裕も出て来た感じですw。



食事も一段落して船も出航した後寝台で就寝しました。

今日の走行距離0km
費用 5930円(南大東~那覇間フェリー代4930円含む)

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです、時間と費用はかかりましたが、南大東島は行って良かったと思います、ここでしか出来ない体験とかも旅のいい思い出になりそうです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

宿の食事を見ていると本当に離島なのか、と思ってしまいますよね。南大東島にキャンプ場があるとは知りませんでした。この島によもや長期滞在者などいないだろうと思いきや、テントが一張ありますね!(某モンベルの某ステラっぽい)

ところで、北大東島へは行かなかったのですね…日本二周目フラグが立ちまくりですねw

Re: No title

ビート★さんコメントありがとうございます、確かに南大東島は物資が乏しいと言う印象は全くなかったですね、まあそれも前回の記事に書いた船での積み込み作業に従事される方や色々な人の力があって事だったと言うことがわかった気がします。
北大東島は船縛りにするとちょっと行くのに時間がかかりすぎてしまうので今回は断念しました。
今の心境はゲームの魔界村位二周目(わかる人にはわかるネタだと思いますw)がある意味前提位の気持ちになっています(爆)
意外と腕輪は北大東島にあるかもですw(細かいネタですいませんw)
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(57)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(32)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(228)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村