旅百九十八日目 熊本県突入・やまなみハイウェイ快走・阿蘇山を走る

2013年12月6日(金)



別府ゲストハウスで朝六時半ごろ目覚めます(やはり快適な室内なのでなかなか朝起きるのがつらいです)
しばしまったりした後ブログの更新作業をします。



ブログの更新も終わり朝九時過ぎに出発します、今日はやまなみハイウェイを通って阿蘇へ行こうと思います、とりあえず湯布院を目指して走ります、山道に入ると景色のいい道が続きます。





途中にあった狭霧台からの風景です、今日はなんか遠くが霞んでいますが、なかなかの絶景でした。



しばし走って道の駅ゆふいんに到着し休憩します。



道の駅ゆふいんを出発しやまなみハイウェイに入ります、ツーリングマップルに九州ツーリングのハイライトと書いてあるだけあって景色のいい道が続いていきます。



途中電工掲示板の気温計があり6度を指しています、この時期で標高が900メートル近い場所にしては暖かい方だと思います、ちょうどここ数日平年よりは暖かい日が続いていたので気温的にはちょうど良いタイミング立ったかもしれません。





途中九重”夢”大吊橋に立ち寄りますどうも渡るのに500円かかるようだったので遠くから写真を撮るに留めておきましたw。



仮に渡ったとしても結構な高さなので結構足がすくみそうな気がします・・・・。



吊り橋を出発ししばし走りやまなみハイウェイの道沿いにあるドライブイン(建物の外観の写真は撮り忘れました・・・)で昼食にすることにします、豊後牛丼定食800円を注文します、どうも昨日の500円バイキングの印象が残りすぎているせいか、ボリュームがそこそこな気がしてしまいました。(しかし僕は本当にグルメ批評が苦手です、美味しかったですとボリュームがどうこうとしか言えませんw)



ちょっと食べ足りなかったのでジャージー牛乳ソフトを買って食べます、外は寒いのにソフトクリームを食べるとは若干血迷っている気がしないでも無いですw。



昼食を終えて出発します、しばらくして熊本県に突入します。



途中なんか動物の形に刈られた植木がありました。



今流行りのくまモンもいました。



大観峰へ行くために県道45号線に入ります。





大観峰の駐車場に到着しお土産屋さんに入ります、熊本名物らしいいきなり団子を買って食べます、さつまいもとあんこが入っている団子でかなり美味でした、名前が変わっているので凄い印象に残ります。



駐車場からしばし歩いて大観峰に到着します。



本当は阿蘇山が一望出来るはずらしいのですがどうもガスっていて遠くは望めませんでした、その日の夕方のニュースを見たらどうも九州でPM2・5がかなりの数値だったらしくその影響かと思われます、阿蘇は九州でもかなり楽しみにしていただけあって若干がっかりでした、まあ大観峰はいつかリベンジしたいものです。



大峰峰を出発し道の駅阿蘇に立ち寄ります、やはり熊本に入っただけあってくまモン押しが凄い気がします。



売店で半額弁当とまたいきなり団子を買ってしまいました、いきなり団子はかなりハマりそうです、弁当は晩御飯にしようと思います。



道の駅を出発し、阿蘇山に登るべく県道111号線に入ります、草原に放牧されている牛が見えました。



途中の草千里を見物します、やはり景色が若干霞んでいますが壮大な雰囲気は伝わります。



阿蘇山公園道路に入り火口を見に行くことにします、100円で通行できました、道の両脇に溶岩が広がります。



火口付近の駐車場に到着します、平日にしては結構人が多かったです。



火口を見物します、火口からは有毒ガスが発生しているらしく喘息や心臓疾患がある人は見学できないようです、今日はガスが結構強めらしく、たしかに火口近くにいるとガスのせいか咳き込んでしまうほどでした、長時間いたら結構危険かもしれないです。



火口見物を終えて出発します、電工掲示板の温度計は5度を指しています、標高1000メートルでこの位の気温だったのでまだまだ走れる気温です。



しばし走って今日泊まるゲストハウス阿蘇リトルアジアに到着します。



こちらはドミトリーが一泊1500円で利用できました、最近宿泊費がかさみますが、いかんせん冬に突入したので無難な選択をしたいと思います(でもまだキャンプも出来るとは思いますw)
Wi-Fiも飛んでいて暖房も効いた室内なので非常に快適です、こちらはゲストハウスと言うよりは、なんか普通の家に泊まるような雰囲気で、お客さんも常連さんっぽい人が多かったような気がしますが、まったりできて良かったです。



こちらは280円で夕食も作って頂けるようなのですが、さっき道の駅で半額弁当を買ってしまったのでパスすることにします(ちょっともったいなかったです)、電子レンジを使わせて頂いて、弁当を暖めて晩御飯にします、晩酌は今日はお休みにしました。
夕食後は快適な室内で旅仲間のブログを見たり今日の分のブログを見たりしてまったり過ごしました。
さすがに晩酌をしないとすぐに寝付けないので十一時位までボーッとした後就寝しました。

今日の走行距離 174・8km
費用 3123円

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです、本文中でも書きましたが阿蘇はかなり楽しみにしていただけあって遠くまで望めなかったのは結構残念です、まあそれでも絶景だったのには変わり無いですがこれはまた訪れろと言うことなのかもしれません。
今朝は阿蘇だけあって結構冷え込んでいます、週明けには寒波が来るようなのでちょっと気を引き締めて回りたいところです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まだ、往路ですよ!

こんにちは。
那覇も今週は暖かいを超えて暑く、僕はTシャツでも汗かいていました。

寒波来るんですね〜、高千穂迄暖かいと良かったのですが、次回は桜の頃に廻れば良いと思います。バイクで旅をしていると、季節の移ろいどころか川の近くに来ただけで夏でもひんやりするし、トンネルの中だけ寒く感じたりしますよね。自然を肌で感じることが出来るのが魅力だと思います。その分、半端なく打ちのめされる事もありますが…

僕は福岡に住んでいた事も有るので、由布院、別府、阿蘇は良く走りました。雄大な景色は感動ものですよね。北海道に住んでいた時も同じく感動したものですが、その後オーストラリアを走ってみたら大陸の規模のデカさにやられましたが。160km真っ直ぐ、真っ平らとかですからね。約千km無給油のダートとか。まぁ、日本一周が終わったら行って見て下さいw 社会復帰出来るか掛けますかw

寒くなると体が強張って事故を起こしやすく成りますので、くれぐれも安全運転、道草、食べ放題とのんびりやって下さいませ。

Re: まだ、往路ですよ!

ヒデさんコメントありがとうございます、バイク旅は車中泊に比べるとやはり大変な部分もありますが、メリットも多いと思います、まずは車に比べると圧倒的に視界が良いこととがありますね、燃費(特にカブ)等のコスト面もそうですし、小回りが利くので写真を撮ったりするのも楽でいいです、デメリットと思われがちな天候に左右されやすい面も考え方によっては自然をダイレクトに感じられると考えればメリットとも(ちょっと強引な考えな気もしますがw)とれるかもしれません。
旅中でチャリダーさんや歩き人の方々とも合ってお話を聞いていると正直バイクで日本一周は本当に楽だと思っています。
沖縄上陸も大分近づいて来ました。
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(56)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(31)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(228)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村