旅百二十七日目 佐渡探訪三日目佐渡で小休止&博物館見学

2013年9月27日



朝六時頃ベースキャンプで目覚めます、テーブルでブログの更新作業をこなしてから、インスタントラーメンを作って朝食にします、今日は午前中はゆっくり休むことにしました、再出発してからあまり休んでいなかったのですし(だらだら旅してるくせにとかのツッコミはご容赦願いますw)
ここ二日結構がっつり佐渡を回ったので若干休憩を挟みたかった次第です。



このベースキャンプは目の前がダム湖になっているのでそれを眺めつつまったりすごします、あと本土復帰してからのキャンプ地候補を探したりして過ごします、やはり行き当たりばったりだとちょっとキツい時もあるので宿の当てだけは最低でも次の日くらいは目星をつけておきたいところです、その点では佐渡はベースキャンプがすぐに決まったのでわりと安心して探訪することが出来ました。



あまりだらだらしてもしょうがないので久しぶりに縄跳びをすることにします、リハビリがてら1500回程飛びました。



なんだかんだでお昼になり、昼食を作ります、久しぶりにコッヘル炊飯をして先日業務スーパーで買いだめしたレトルトカレーをかけて食します。



午後からはすこしお出掛けすることにします、佐渡歴史伝説館に立ち寄ります、こちらは700円で入場できました。





こちらは機械仕掛けの人形が動くシアター的なものが上映されていました(金山と言い佐渡にはこういうのが多いみたいです)
佐渡に流されて佐渡の地で生涯を終えた順徳天皇の話が流れます。





干ばつに苦しむ民衆のために雨乞いの儀式をする世阿弥の話がながれます、どうもネットで調べたらこの装置だけでン千万円するみたいです。



おけさの伝説の話が上映されていました、飼い猫がけさと言う娘に化けて踊った躍りがおけさの起源らしいです。



あとここに来るまで全く知らなかったのですが曽我ひとみさんの旦那さんのジェンキンスさんがこちらにお勤めでご本人がいらっしゃいました、ご本人を撮影するのはすこしはばかれたので、看板があったのでそちらをパチリ、佐渡のどこかで勤めていらっしゃるのはニュースで見たことがあったのですがこちらでお勤めだったようです。



お次は国指定の重要文化財の五重の塔があると言う妙宣寺に立ち寄ります、本堂はとても重厚な建物でした。





五重の塔を見学します、江戸時代から残っている数少ない塔らしいです、しかしこれだけのものを建築するのには途方もない手間がかかっていそうです。





途中ドラッグストアーで晩酌用の缶チューハイと食材を買い出しします、佐渡はお店も普通にあって特に不便はしていません、金山の採掘が盛んだった頃も物資がたくさん搬入されていたようです。



お次は両津郷土博物館に立ち寄ります、こちらは300円で見学できました。



日本の野生のトキの剥製が展示されていました。



金山でも展示されていた地下水を汲み上げる手回しポンプ水上輪が展示されていました、金山での役目を終えた後は農家に払い下げられて田んぼの灌漑用に使われたそうです。





日本一大きな桶が展示されていました、味噌の仕込みに使っていたそうで直径3mもあるそうです、たしかに実物は大きかったです、風呂桶にしても10人以上は楽に入れそうな大きさでした。



能面が展示されていたので見物します、面白かったのでデジカメで撮影するときに人の顔と検知してモニターに四角い枠が出てきたことです、機械が能面を人の顔として認識しているようです、それだけ作りが精巧と言うことなんだと思いました。



近くにある新穂潟上温泉でお風呂にします、膝の傷はまだかさぶたにならなくてもう少し完治まで時間がかかりそうです、やはり湯船にゆっくり浸かれないのは少々辛いですw。



お風呂上がりに佐渡で放牧された牛の牛乳が使われているコーヒー牛乳を一杯やります。



お風呂から上がりベースキャンプに戻ってきました、佐渡滞在は今日で最後にしようと思うのでなんか若干感慨深い気持ちになってしまいました、しかしここは条件的にも最強の場所でした。



明日は9時15分両津港発のフェリーに乗ろうと思います、余裕をもって8時過ぎには出発したいのでいつもは朝書いているブログを今日のうちにほぼ仕上げることにします。



ブログもほぼ仕上がったところで夕飯の準備をします、さっき買ってきた豆腐と柿の種と、防衛糧食の白米と生姜焼きを湯煎します、準備が終わったら缶チューハイで晩酌しながらいただきます、佐渡最後の夜なのでいろいろと巡ったところを思い出しつつ飲みました。
夕飯と晩酌が一段落ついてテントで就寝しました。

今日の走行距離 59・5km
費用 2840円

最後までご覧いただきありがとうございます、ブログランキングに参加中です、ブログ更新の励みになるので記事を読み終わった方はお手数ですが是非一日一回下の日本一周のバナーをクリック(クリックするとポイントが入る仕組みになっています)して頂けると幸いです、佐渡探訪結構長い時間を取ってしましたが、まだまだ回り足りない位かもしれません、独特の文化が根付いた島と言う印象が強かったです、明日からは本土復帰したいと思います。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

手回しポンプ…

おっはー。休息も大事ですから~。しかし井戸とかポンプとかに反応してしまうのは職業病!?手回しポンプの実物見てみたいです。

佐渡島探訪大変勉強になりました(^o^)v
朝晩めっきり冷え込むので風邪に注意して楽しい旅を続けて下さいm(__)m

No title

旅って疲れるんですよね。
疲れが溜まる前に休養してくださいよ。

今朝、北海道の旭川では霜が降ったそうです。
寒さは疲労に直結しますので
あったかーくして楽しんでください。

そろそろ湯豆腐とかはどうでしょうか?

トミーさんのブログ読破しました。
とても素晴らしい人間性に感動です。
ありがとう御座いますm(__)m
トミーさんの進む道を沢山の方々が共感している事実に感極まっております。
水曜どうでしょう大好きです。
それより遥かにトミーさん今日はどうでしょうが私の日課です。
安全健康第一で進んで下さい(^o^)v

Re: No title

けんさんコメントありがとうございます、たしかに意外と疲れるんですよね旅は、まあ無理せず疲れたら休もうと思います。
湯豆腐いいですね。

Re:

ヒコさんコメントありがとうございます、全部読まれましたかw、お疲れさまでした、このブログももう全部読むのはかなりの時間を要する量になってきましたw。
まあヒコさんが思っているほどたいした人間ではないですw。
僕はどうでしょうの新作の行き先が非常に気になっていますw、(どうも海外らしいですが、個人的にはジャングルリベンジ×2を期待していますw)
プロフィール

トミー

Author:トミー
1982年生まれの33歳
突然一念発起し茨城県発の日本一周の旅の様子をアップして行こうと思います。
約一年間に渡った日本一周の旅とその後一ヶ月程の北海道ツーリング(もといヤドカリの家滞在w)を経て一旦長旅にピリオドを打ち一年程自宅を非公式ライダーハウスとして開放しつつ旅の資金の為に仕事をしていました。

五ヶ月近い越冬生活から帰還しました。
リンクフリーです

※月間アーカイブおよびカテゴリーから入ると古い記事から順番に読むことが出来ます。

にほんブログ村に参加しました。
ブログランキングに参加しているので一日一回下の日本一周のバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • 2015年晩秋~2016年春(予定)帯広ヤドカリの家越冬記(147)
  • 2014北海道の旅(もといほぼヤドカリの家滞在記w)(36)
  • 日本一周 第五章(最終章) 2014年 3/16~5/23 帰路の旅(69)
  • 日本一周 第四章 2013年12/15~2014年 3/15 沖縄の旅(91)
  • 日本一周 第三章 2013年 9/13~12/14 本州・四国・九州の旅(92)
  • 日本一周 第二章 2013年 6/8~9/4 主に北海道の旅(90)
  • 日本一周 第一章 2013年 5/4~5/28 東北の旅(25)
  • 出発前・一時帰還(22)
  • ツーリングレポート(78)
  • 旅の装備・持ち物・積載関係(11)
  • 旅のデータ(費用・燃費・走行距離等)(9)
  • ライダーハウストミーの家(57)
  • おススメキャンプ場情報(25)
  • 旅についてつらつらと語る(コラム的記事)(36)
  • カブ整備関係(34)
  • 蔵出し写真(動画)館(4)
  • 未分類(228)
月別アーカイブ
リンク
旅の主な装備品リスト
日本ブログ村